自殺率 推移 厚生労働省 – [B!] 自殺対策白書(概要)|厚生労働省

自殺の統計:各年の状況について紹介しています。

1 自殺者数の推移 [447kb] 2 自殺死亡率の推移 [467kb] 3 年齢階級別の自殺者数の推移 [609kb] 4 職業別の自殺者数の推移 [497kb] 5 原因・動機別の自殺者数の推移 [446kb] 6 平成29年の自殺の状況 [883kb] 7 同居人・配偶関係別の自殺の状況 [414kb] 8 自殺未遂の状況 [439kb]

2 自殺死亡率の推移 [402kb] 3 年齢階級別の自殺者数の推移 [499kb] 4 職業別の自殺者数の推移 [465kb] 5 原因・動機別の自殺者数の推移 [410kb] 6 平成30年の自殺の状況 [776kb] 7 同居人・配偶関係別の自殺の状況 [377kb] 8 自殺未遂の状況 [409kb]

2 自殺死亡率の推移 [474kb] 3 年齢階級別の自殺者数の推移 [592kb] 4 職業別の自殺者数の推移 [470kb] 5 原因・動機別の自殺者数の推移 [419kb] 6 平成27年の自殺の状況 [842kb] 7 同居人・配偶関係別の自殺の状況 [395kb] 8 自殺未遂の状況 [428kb]

[PDF]

平成30年中における自殺の状況 平成31年3月28日 厚生労働省社会・援護局総務課自殺対策推進室 警察庁生活安全局生活安全

[PDF]

表2 昭和53年以降の自殺死亡率の推移 (単位:人) (注)自殺状況資料に基づき当省が作成した。 (イ) 総死亡者に占める自殺者数の割合等 厚生労働省が平成23年12月に公表した「平成22年(2010)人口動

[PDF]

年齢階級別自殺死亡率の年次推移 資料:警察庁自殺統計原票データ、総務省「人口推計」及び「国勢調査」より厚生労働省作成 注)平成18年までは「60歳以上」だが、19年の自殺統計原票改正以降は「60~69歳」「70~79歳」「80歳以上」に細分化された。 7

自殺者数・自殺死亡率の推移
[PDF]

⑵ 厚生労働省の人口動態統計に基づく 自殺者数の推移 厚生労働省の人口動態統計により自殺者数 の長期的な推移をみると(第1-2図)、第二 次世界大戦後は、昭和30年前後(29年~35年) に自殺者が増加しており、33年の2万3,641人

若い世代の自殺、死因1位は先進国で日本だけh30年版自殺対策白書 厚生労働省は平成30年6月19日、平成30年版「自殺対策白書」を公開した。

厚生労働省: 厚生労働省が5年に1度行っている労働者の健康状況、健康管理の推進状況等を把握し、労働者の健康確保対策、自主的な健康管理の推進等労働衛生行政運営の推進に資することを目的とした調査です。 ストレスチェック制度の実施状況

[PDF]

年齢階級別自殺死亡率の年次推移 資料:警察庁自殺統計原票データ、総務省「人口推計」及び「国勢調査」より厚生労働省作成 注)平成18年までは「60歳以上」だが、19年の自殺統計原票改正以降は「60~69歳」「70~79歳」「80歳以上」に細分化された。 25.8

日本における自殺は、厚生労働省が公開している人口動態統計の死亡者総数に対する死亡原因別ののシェアとランキングでは、2017年度は1位は癌で27.9%、2位は心疾患で15.3%、3位は脳血管疾患で8.2%、4位は 自殺者数および人口10万人中の自殺率の推移

国際的に見たわが国の自殺
[PDF]

図2 厚生労働省の人口動態統計による自殺死亡者数の推移 図4 警察庁の自殺の統計資料による労働者の自殺死亡者数の 推移(平成18年以前) 図5 警察庁の自殺の統計資料による労働者の自殺死亡者数の 推移(平成19年以降) 図3 厚生労働省の『人口動態統計

人々の不幸の度合いがもっとも端的にわかるのが自殺率です。さまざまな事情はあると思いますが、生きることより死ぬことを選ばざるを得ないなんてやはりとても悲しいことです。 ここでは地域や職業、年齢、性別、配偶関係などによる自殺

[PDF]

資料:警察庁「自殺統計」、総務省「国勢調査」及び総務省「人口推計」より厚生労働省自殺対策推進室作成 ⑵ 厚生労働省の人口動態統計に基づく 自殺死亡率の推移 自殺死亡率の長期的な推移をみると、人口 動態統計によれば(第1-4図)、昭和33年の

警察庁の「自殺の概要資料」では捜査等により、自殺であると判明した時点で、自殺統計原票を作成し、計上しており、厚生労働省の「人口動態統計」では自殺、他殺あるいは事故死のいずれか不明のときには自殺以外で処理しており、死亡診断書等につい

厚生労働省は19日、2017年の自殺者数(速報値)が8年連続減の2万1140人(前年比757人減)だったと発表した。人口10万人当たりの自殺者数を示す

[PDF]

人口動態統計による分析の概要 ① 無職者の自殺死亡率 【35~44歳】 【45~54歳】 【55~64歳】 有職/無職別自殺死亡率の年次推移 <人口10万人当たりの年間の自殺死亡率> 無職者の自殺死亡率は、有職者と比べて高い傾向があり、特に、中年期の男性無職者において高

自殺率も過去最低を更新したが、他の先進国よりは高い状態が続く。 厚生労働省が若者らの自殺防止策と 【図解・社会】自殺率の推移(2019年7月

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。 自殺対策白書 平成30年版 – 厚生労働省のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができる

1998~2000年は、1989~95年に比べて40~60代男性の自殺率が多いのが分かる。※厚生労働省「平成29年版自殺対策白書」の「自殺者数の推移」(自殺

[PDF]

自殺死亡率の年次推移 厚生労働省が警察庁の自殺統計原票を集計した結果(以下「自殺統計」という。)を分 析したところ、過去8年間の自殺死亡率は、国、県、市ともに減少傾向にあります。

・調査主体:厚生労働省(委託事業として東京海上日動リスクコンサルティング株式会社が実施) ・調査時期:企業調査 平成28年7月~10月. 従業員調査 平成28年7月 ・調査対象:企業調査 全国の従業員(常勤社員)30人以上の企業20,000社、回収数4,587社

厚生労働省「労働者の心の健康の保持増進の 主な過労死・過労自殺の損害賠償事件: 自殺者数の年度推移 【参考資料】 h31年3月発表 警察庁統計資料より 出典:警察庁「平成30年中における自殺の状況」

[PDF]

年齢階級別自殺死亡率の年次推移 資料:警察庁自殺統計原票データ、総務省「人口推計」及び「平成22年国勢調査」より内閣府作成 注)平成18年までは「60歳以上」だが、19年の自殺統計原票改正以降は「60~69歳」「70~79歳」「80歳以上」に細分化された

平成30年版自殺対策白書(厚生労働省)によると、15〜34歳の死亡率第1位は自殺。中高年世代と比べて若い世代は病気による死亡率が低いため自殺と事故による死亡率が高くなるのが自然だが、世界の主要7カ国と比べると、日本の若者の自殺率の高さがわかる。

^ 厚生労働省>分野別の政策一覧>福祉・介護>生活保護・福祉一般>自殺対策>自殺統計>各年の状況>平成29年中における自殺の状況>第3章 平成29年中における自殺の内訳>34p 補表1-1 年次別自殺者数、35p 補表2-1 年齢階級別自殺者数の推移、36p 補表2-2 年齢階級別

[PDF]

資料:警察庁「自殺統計」より内閣府作成 第4-2図 平成26年中の学生・生徒等の自殺者数 0 100 50 150 450 250 200 300 350 400 (人) 小学生 中学生 高校生 大学生 専修学校生等 男 女 10 27 64 81 30 109 428 213 99 17 7 72 149 347 79 第1 自殺の現状 第2 若年層の自殺をめぐる状況 79

2-2.自殺死亡率の長期的推移 (厚生労働省「人口動態統計」より): 昭和33年の25.7を第1次ピークとした後、61年の21.2を第2次ピークとし、平成 15年に25.5 の第3次ピークを形成している。 27年は18.5 となっている。 3.年齢階級別の自殺者数の推移 :

2018年の自殺者9年連続減=2万598人、37年ぶり低水準-厚労省 ※記事などの内容は2019年1月18日掲載時のものです 2018年の自殺者(速報値)は前年

[PDF]

自殺率(人口10万人当たりの自殺率) 図1 日本における自殺率と失業率の推移 失業率(%) 自殺率 失業率 データ出所:自殺率は,自殺死亡率(人口10万人あたりの自殺者数)であり,厚生労働省『人 口動態統計』より入手した。

[PDF]

総数 男性 女性 道自殺率 国自殺率 統計種別 h1 h2 h3 h4 h5 h6 h7 h8 h9 h10 h11 h12 h13 h14 h15 h16 h17 h18 h19 h20 h21 h22 h23 h24 h25 h26 h27 h28 h29 ※ 厚生労働省の人口動態統計は、日本人を対象とし、住居地を基に計上しています。

[PDF]

【資料】厚生労働省「人口動態統計」 自殺者数(人) 0 0 20 40 60 80 100 120 20歳未満 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80歳以上 【図3】年代別自殺者数(目黒区/10年間の累計) 女性 男性 自殺者数(人) 【資料】厚生労働省「人口動態統計」 21 4 31 51 59 47 46 26 21 37 34

自殺に関する統計5種①:自殺者数の推移平成10年(1998年)以降、14年連続して3万人を超えていた自殺者数も、平成22年から減少の一途をたどり、平成24年(2012年)には15年ぶりに3万人を下回った。平成27年(2015年)は2万4,0

主要国の自殺率(人口10万人当たりの自殺数)について、20世紀初頭からの長期推移をグラフにした。データは厚生省資料とOECD.Stat(オンラインデータベース)による。

自殺対策白書(平成29年版) – 厚生労働省 – 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

価格: ¥3630

厚生労働省から、令和元年(2019年)7月16日に閣議決定された「令和元年版自殺対策白書」が公表されました。 我が国の自殺者数は、平成15年には統計を取り始めた昭和53年以降で最多の3万4,427人となり、その後3万2千人から3万3千人台で推移していました。

死因別死亡率の長期推移の図は、克服すべき病気の種類が過去から大きく変貌を遂げている状況を示している(死亡率全体の推移は図録1553参照、主な傷病の患者数は図録2105参照)。 なお、ここでの死因は、死亡診断書の死亡理由のうち直接死因ではなく原死因を適用するものとされている。

[PDF]

資料:厚生労働省「人口動態統計」(率は人口10万対) 実数 率 実数 率 実数 率 実数 率 実数 率 実数 率 実数 率 平成25 3,988 839.2 1,112 234.0 25 5.3 560 117.8 302 63.5 39 8.2 414 87.1

これに対し、厚生労働省は、自殺、他殺あるいは事故死のいずれか不明のときは自殺以外で処理しており、死亡診断書等について作成者から自殺の旨訂正報告がない場合は、自殺に計上していない。

(注)全国の自殺者数及び自殺死亡率は、毎年3月発表の厚生労働省資料から抜粋 (注)他の都道府県や政令指定都市の状況は厚生労働省ホームページで公表. 相模原市・神奈川県・全国の自殺死亡率(人口10万対)の推移 2 自殺者の年代別 ・ 男女別状況

続きを表示 1 自殺者数の推移 [456kb] 2 自殺死亡率の推移 [474kb] 3 年齢階級別の自殺者数の推移 [592kb] 4 職業別の自殺者数の推移 [470kb] 5 原因・動機別の自殺者数の推移 [419kb] 6 平成27年の自殺の状況 [842kb] 7 同居人・配偶関係別の自殺の状況 [395kb] 8 自殺未遂の

(平成28年中における自殺の状況 厚生労働省自殺対策推進室・警察庁生活安全局生活安全企画課 一部改変) 高齢者の自殺予防への取り組み 最近、高齢者の自殺予防への取り組みが地域レベルでなされるようになってきました。

厚労省が分析結果をまとめる 厚生労働省は世界各国の自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)を比較し、日本はワースト6位だとする分析結果

平成24年中における自殺の状況 資料3(668kb) 平成24年中における自殺の状況 資料4(666kb) 平成24年中における自殺の状況 資料5(204kb) 平成24年中における自殺の状況 付録1(341kb) 平成24年中における自殺の状況 付録2(422kb) 平成23年中における自殺の状況

[PDF]

事業所規模別年間総実労働時間の推移(パート労働者を除く暦年) 500人以上 100~499人 30~99人 5以上~29人 調査産業計(5人 以上) 調査産業計(30 人以上) (時間) (資料出所)厚生労働省「毎月勤労統計調査」 【参考】

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。 自殺対策白書 平成29年版 – 厚生労働省のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができる

[PDF]

(出典:厚生労働省人口動態統計) 表3 自殺死亡率の年次推移(h15~h29) (出典:厚生労働省人口動態統計) 2 自殺者の性別・年齢階級別の状況 平成25年~29年の性別・年齢階級別の自殺者数をみると、男性は40歳代から50歳代、女性は70

[PDF]

5 自殺死亡率の年次推移 (厚生労働省人口動態統計) h5 h6 h7 h8 h9 h10 h11 h12 h13 h14 h15 h16 h17 h18 h19 h20 h21 h22 h23 h24 h25 h26 自殺者数 346 300 308 347 336 467 502 418 409 463 498 461 447 501 472 448 452 451 416 428 365 332

日本の若者の現在の自殺率は世界的にはダントツで1位ですが、私の感覚では私が子供の頃の方が友達や好きだった女の子のような身近な存在の自殺者が多かったので、日本の若者の自殺率の推移について調べた結果を紹介します。

[PPT] · Web 表示

資料:厚生労働省「人口動態統計」より岡山市作成. 全国及び岡山県の自殺死亡率の推移 自殺死亡率(人口10万対) 全国 h8 h9 h10 h11 h12 h13 h14 h15 h16

[PDF]

(3)死亡の状況 ① 死亡数・率・年次推移 資料:厚生労働省「人口動態統計」(率は人口千対) 死亡数 死亡率 死亡数 死亡率 死亡数 死亡率

自殺者数は7年連続で減少、しかし世界的には依然として高い結果となっています。 政府は、5月30日、2017(平成29)年版の「自殺対策白書」を閣議決定しました。 自殺対策白書 白書に盛り込まれた警察庁の統計によると、2016年の自殺者数は、前年比8.9%減の2万1,897人で、7年連続で減少し、22年

[PDF]

第2章 福岡市における自殺の現状 1自殺者数・自殺死亡率※5の推移 (1)福岡市の自殺者数・自殺死亡率※5 福岡市の自殺者数・自殺死亡率※5(人口10万人当たりの自殺者数)は、全国と同 様に、平成10年に著しく増加し、その後は減少傾向にあります。

[PDF]

資料:厚生労働省「一般職業紹介状況」 (万人) (年) 続いて、従業者規模別の雇用者数の推移につい ても確認する(第1-4-6図)。従業者規模が30~ 99人の事業所については横ばい、100~499人の 事業所については強含みで推移している。500人

「数字と絵でわかる職場のメンタルヘルス」では、厚生労働省が毎年公表している「過労死等の労災補償状況」に基づき、精神障害の労災補償件数推移とその間の主なできごとについて、分かりやすく示し

ここでは、厚生労働省によって3年ごとの10月に全国の医療施設に対して行われている「患者調査」の結果から「気分障害」(うつ病、躁うつ病、気分変調症等)の総患者数の推移を掲げた。医療機関に看てもらわない患者は数字に出てこない。

多量の飲酒は、様々な健康問題・社会問題を引き起こします。リスクを正しく認識し、適切な判断に基いて行動するための