東レ 改ざん 13社 – 東レ子会社データ改ざん 8年間で149件 : J

東レ、品質データ改ざんで調査報告書納入先13社のうち12社で安全性確認 自動車 ビジネス 企業動向 2017年12月27日(水) 14時37分

東レは28日、子会社がタイヤなど形状を維持するための補強材の製品検査データを不正に改ざんしていたと発表した。13社の顧客に対し、2008年4月

Dec 27, 2017 · 東レは、データを改ざんした製品を出荷していた13社のうち、12社から安全性に問題がないとの報告を受けたことを明らかにした。 残り1社は

Nov 28, 2017 · 東レの日覚昭広社長は「納得いくまで説明し、安全を確認するように」と、thcに指示したというが、規格外製品を納入された13社への説明は2か月

改ざんが行われていたのは、榊原氏が東レ社長だった2008年4月から16年7月までの約8年間。 タイヤメーカーなど13社に対し149件の不正行為があった。

東レは27日、子会社「東レハイブリッドコード」(THC、愛知県西尾市)の品質データ改ざん問題に関して、有識者委員会(委員長=藤田昇三・元

東レの改ざん期間. 2008年4月~7月. 東レデータ改ざん件数:149件 その内:タイヤメーカー13社. 2016年7月 データ改ざんが発覚する 2017年11月 データ改ざんについて公表する. スポンサードサーチ

東レ子会社でデータ改ざん タイヤ補強材、不正書き換え 2008年4月から昨年7月にかけて製造した製品の計149件で、タイヤメーカーなど13社に

東レは28日、子会社の東レハイブリッドコード(thc、愛知県西尾市)で製品データを改ざんする不正があったと発表した。2016年7月に不正を把握し

東レは28日、子会社の東レハイブリッドコード(愛知県)がタイヤ補強材などの検査データを改ざんしていたと発表した。2008~16年7月まで

13社: 3. お客様への影響 (1) データの書き換えは有ってはならないことでありますが、規格外の測定結果を規格内に書き換えた当社製品の品質につきましては、何れも規格値からの乖離がごくわずかであり、規格内製品と実質的な差は無いと考えております

東レもデータ改ざん た規格値に収まるようにデータを書き換えていました。タイヤメーカーなど国内、海外の13社に対し、149件の不正行為が

Nov 28, 2017 · 東レ子会社でデータ改ざん、1年以上公表せず 社長「深くお詫び」 書き換え件数は149件、対象顧客は13社。大半が日本企業だが、一部に韓国

thc社及び東レは、お客様に対して、2017年10月以降現在までご報告を行ってきましたが、全13社のうち12社からは安全性に問題がない旨の見解をいただきました。残り1社は検証中と伺っておりますが、安全性に関し問題があるとのご指摘は受けておりません。

東レは28日、タイヤの部材などを手掛ける子会社の東レハイブリッドコード(愛知県西尾市)で製品検査データの改ざんが見つかったと発表しました。2008年から16年7月に149件の改ざんがあり、顧客と

東レのデータ改ざん、すべての日本タイヤメーカーに影響か。 日本の化学工業大手、東レ株式会社のデータ改ざん問題が28日に発覚した。日覚

書き換えが行われていた期間に該当する約4万件分の社内データを調査した結果、タイヤ、自動車部品メーカーなど13社との取引で149件(該当金額

大手繊維・化学メーカーの東レは、28日、子会社が製品の検査データの改ざんを行っていたことを明らかにしました。 問題の製品はタイヤの補強材などの製品で、データの改ざんは合わせて149件、納入先は13社に上るということです。

一方、品質データを改ざんしていた素材を使った製品の安全性について、東レは納入先13社で検証してきたが、12社が安全性に問題がないとしている。残りの1社は検証中で、現時点で安全性に問題があるとの指摘は受けていない。 レスポンス編集部

【電子版】東レ データ改ざん 昨年7月発覚も公表せず ネット書き込みで一転説明へ(更新) タイヤメーカーなど13社に対し、149件の不正行為

東レハイブリッドコードのデータ改ざんの内容

2017年11月29日(水) 東レもデータ改ざん 経団連会長が社長時から 子会社 化学大手、東レは28日、全額出資子会社の「東レハイブリッドコード」(愛知県西尾市)がタイヤ素材などの品質データを改ざんしていたと発表しました。

東レは28日、子会社の東レハイブリッドコード(愛知県)がタイヤ補強材などの検査データを改ざんしていたと発表した。2008~16年7月まで

東レは28日、子会社の東レハイブリッドコード(愛知県西尾市)が製品検査データを改ざんしていたと発表した。 東レ子会社が検査データ改ざん 08年から149件、13社に

東レによりますと西尾市に本社がある子会社・東レハイブリッドコードで、2008年から去年にかけて149件の改ざんがあり、顧客と約束した性能などを満たさない不正な製品をタイヤメーカー13社に納入していました。 東レハイブリッドコードは、1961年に設立。

神戸製鋼所による製品の検査データ改ざんに続き、三菱マテリアルや東レのそれぞれの子会社でも不正が発覚した。日産自動車やスバルでは無

東レ株式会社は、新しい価値の創造を通じて社会に貢献します。東レの会社情報、研究・技術開発、csr、株主・投資家情報、製品情報をご覧いただけます

Nov 29, 2017 · ニューヨーク・タイムズ紙(nyt、11月28日)によると、東レは問題の個体を13社に対して販売していた。自動車用タイヤやホースのほか、紙の繊維

東レは28日、子会社の東レハイブリッドコード(愛知県西尾市)が製品検査データを改ざんしていたと発表した。 東レ子会社が検査データ改ざん 08年から149件、13社に

東レは28日、100%子会社が製品の検査データを改ざんしていたと発表した。改ざんは2008年から2016年に149件あり、タイヤの補強材などを13社に納入。

東レは2017年11月28日、子会社の「東レハイブリッドコード」(THC社)が、製品の検査データを改ざんしていたと発表した。 THC社は、2008年から2016

東レによりますと西尾市に本社がある子会社・東レハイブリッドコードで、2008年から去年にかけて149件の改ざんがあり、顧客と約束した性能などを満たさない不正な製品をタイヤメーカー13社に納入していました。 東レハイブリッドコードは、1961年に設立。

会見を開いた東レの日覺昭廣社長。改ざんを把握してから1年以上公表していなかった(撮影:編集部)両社とも、“受け身”の会見だった。日本

東レのhpに記載があった様に、品質データーの改ざんは. タイヤコード、自動車用ホース・ベルト用コード、抄紙用コード. と発表されてます。 . 約13社と言われている取引先ですが. 東レほどの大会社であれば大手との取引が予想され

東レも品質データ改ざん!内部告発がネット流失?何が危険で注意が必要か!負の連鎖が止まりません!神戸製鋼・三菱マテリアルに続いて日本を代表する大手企業の不祥事が続いております!今回は大企業東レの子会社!一体何があったのでしょうか?

こちらは、2017年の不祥事・謝罪を振り返るのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

ユニクロとの共同マーケティング事例. The Art and Science of LifeWear. New Form Follows Function. 2018年度(2019年3月期) 統合報告書

納入先と合意した規格値から外れた製品のデータを規格内に収まるように書き換えていた。 改ざんが行われていたのは、榊原氏が東レ社長だった2008年4月から16年7月までの約8年間。タイヤメーカーなど13社に対し149件の不正行為があった。

東レは28日、自動車用タイヤの補強材などを製造する子会社の東レハイブリッドコード(愛知県西尾市)が製品検査データを改ざんしていたと

東レ子会社が製品データを不正に改ざんした問題で、納入先にはトヨタ自動車グループの部品大手である豊田合成や、タイヤメーカーの住友ゴム工業が含まれていることが7日分かった。不正は長期にわたっており、各社は

13社 ※:不正発生率は0.4%で、不正内容も規格内製品と実質的な差は無く、性能上及び製品安全上の問題は指摘されていません。 ^ 東レ、子会社でデータ改ざん タイヤ部品など149

東レは30日、子会社による製品データ改竄問題を受け、グループ各社を対象にした調査結果を公表した。新たな法令違反や安全面での問題はない

東レは2017年11月28日、子会社の「東レハイブリッドコード」(thc社)が、製品の検査データを改ざんしていたと発表した。thc社は、2008年から2016年(2017年11月29日 13時15分40秒)

子会社で改ざんが行われていたのは08年4月~16年7月。この期間の品質保証室長2人が、納入先と合意した規格に適合するよう、顧客に無断で検査データを書き換えていた。不正はタイヤメーカーなど13社に対し、149件に上った。

東レが、子会社が製品検査データを改ざんしていた問題に関する調査報告書の内容を公表。品質保証に関する経営者の関心が薄かった点などが

[PDF]

またしても品質データの改ざんであった。東レの発表によれば、2008年4月から不正が行われ、 タイヤメーカー、自動車等部品メーカーなど13社に対し、規格外の測定結果を規格内に書き換え たものを提供していたという。

東レ株式会社(とうレ、英称: Toray Industries, Inc. )は、大阪府 大阪市 北区 中之島に大阪本社、東京都 中央区 日本橋室町に東京本社を置く、合成繊維・合成樹脂をはじめとする化学製品や情報関連素材を取り扱う大手化学企業。. 三井グループの中核企業の一つとしてその名を知られており

東レ子会社、不正製品13社に納入 11/28 10:28 東レ子会社、データ改ざんか 社長が記者会見へ – デーリー東北新聞社 東レは28日、子会社の東レハイブリッドコード(愛知県西尾市)で製品検査データの書き換えが見つかったと発表した。改ざんとみられる。

偽装製品の出荷先は13社。国内タイヤメーカーが大半だが、東レの担当者は東京商工リサーチ(tsr)の取材に対し、「日系メーカーがほとんどだが、一部韓国系メーカーも含まれる。個社名について当社からは公表していない」とコメントした。

東レ子会社が製品データを不正に改ざんした問題で、納入先にはトヨタ自動車グループの部品大手である豊田合成や、タイヤメーカーの住友ゴム

Nov 27, 2017 · 大手繊維・化学メーカーの東レは、28日、子会社が製品の検査データの改ざんを行っていたことを明らかにしました。問題の製品はタイヤの補強

東レは、子会社が不正な製品をタイヤメーカーなど13社に納入していたと発表した。149件の改ざんが発覚。

2008年4月から2016年7月までに149件のデータ改ざんが行われ、取引先13社に影響が及んだ。 東レのデータ改ざんは再び日本社会に衝撃をもたらし

<東レ子会社>改ざん、納期優先が動機 有識者委が調査報告 12/27(水) 11:33配信 東レは27日、自動車用タイヤの補強材などを製造する子会社の東レハイブリッドコード(愛知県西尾市)が製品検査データを改ざんしていた問題で、弁護士で組織する有識者委員会の調査報告書を発表した。